根小屋城跡(公式H.P.更新3/16)

今週も先週に引き続き、「加住地域」に残るもう1つの戦国山城を紹介致します。

北方に秋川が流れる加住丘陵の断崖上に位置する『根小屋城跡』(別名:『戸吹城跡』)ですが、主郭部周辺は変形が進んでいるため、縄張の詳細が把握しにくく謎が多い山城です。

小さな平山城タイプではありますが、残存する堀や土塁の跡からは、自然の要害を最大限に利用していたことがうかがえ、少人数でも効率的に守れるよう工夫された山城であったといえます。

「根小屋城」あるいは「根古屋城」や「根城」という名称は、城郭ファンにはお馴染みの城郭用語だと思いますが、その用途や語源についても定かではありません。
今後もっと多くの方に認知され、研究や復元が進み、いろんな謎が解き明かされるのを期待したいと思います。

『たきやま学園』第18話「体験入学受付中」

滝山城築城500年事業で結成された『北条氏照武者隊』。
『滝山城』や『北条氏照』の歴史と魅力を伝え続ける使命を帯び、マジメな即戦力としての隊員養成教育が進んでおり、滝山城跡PVも大好評!

#滝山500 本番年ながら、コロナ禍の緊急事態宣言に伴い、己を律し、民衆厳護のため自粛休校中の『たきやま学園』。
そんな中でも新規入学希望者が途絶えない人気と期待に応えるべく、在校生たちは新入生の受け入れ準備に余念が無い。
↓↓↓

https://youtu.be/SIRzpB7OUWE

制作:滝山観光まちおこし実行委員会
出演:武者所(北条氏照武者隊)

高月城跡(公式H.P.更新3/9)

今週は、我らが滝山城の近隣にあるもう1つの戦国山城を紹介したいと思います。

滝山城の少し北側、大きく蛇行する秋川と多摩川の合流点近くに位置し、流れに突き出るような形となった加住丘陵の自然の要害を利用した平山城タイプの城、『高月城跡』です。

高月城は、大石氏により築城され、大石氏の勢力拡大に伴い、新たに滝山城へ拠点を移したと伝えられる経緯から、「滝山城のルーツ」になった城といえます。

城主は『大石定重』、関東管領山内上杉氏の重臣として武蔵国守護代を任されており、信濃守という官位を受領していたとされます。
北条氏照の家臣として高名な『大石信濃守』は、定重の子の大石定基の事と思われますので、現在の滝山城跡にその名も残る『信濃屋敷跡(信濃曲輪)』は、その大石氏の屋敷跡地ではないかと思いを馳せております。

『たきやま学園』第17話「宿題」

滝山城築城500年事業で結成された『北条氏照武者隊』。
『滝山城』や『北条氏照』の歴史と魅力を伝え続ける使命を帯び、マジメな即戦力としての隊員養成教育が進んでおり、滝山城跡PVも大好評!

しかし、せっかくの#滝山500 本番年に、国の緊急事態宣言が更に延長中!
己を律し、民衆厳護のため自粛休校中の『たきやま学園』。

在校生たちは、授業再開の日まで各自の装備を修復する宿題を課せられている。
(北条氏照武者隊の制服・小道具は、基本的に手作りです!)

『たきやま学園』第17話「宿題」
↓↓↓

https://youtu.be/pqtebup0N8g

制作:滝山観光まちおこし実行委員会
出演:武者所(北条氏照武者隊)

あれから1年(公式H.P.更新3/2)

今からちょうど1年前(2020年3月1日)、ある一大企画を中止致しました。

『続日本100名城 滝山城の歴史と魅力・楽しく学んで戦国ウォーク!!』

…と題した『滝山城築城500年記念事業』の、一般公開こけらおとしとなるはずだったイベントです。


(当該画像は『武者所』の告知専用のものです)

『武者所』の史劇や講演内容に滝山城ネタを出して伏線を張ってきたのは、実に七年程前からでしょうか。
まさに“如意成就”。念入りに企画着手してきた、悲願の実現でございました。

新メンバーを大勢加え、セリフありの主要キャストだけでも20名を超える、専用プロジェクトチームを結成して臨んだ企画でした。

『お城EXPO』初年度から友誼ある『滝山城跡群・自然と歴史を守る会』の尾熊先生たちから、多くの資料提供を賜り、更に城番衆の活動史料や口伝の類も取り入れ、武者所の得意なエンタメ表現の解釈を練り込みつつ、完全な新作演目を披露するべく制作しておりました。

私共の講演劇の他にも、実行委員会の皆様による多くの魅力的な催しが連動する内容を準備しておりました。

『滝山観光まちおこし実行委員会』の専用予約サイトも立ち上がり、『広報はちおうじ』にも案内記事をご掲載頂き、武者所の通常活動告知として『小田原城』での数々のイベントや『お城EXPO』にても予告講演を披露させて頂き、参加希望者殺到で満員御礼確実であったはずの幻の企画。

コロナ禍により断腸の思いで中止を決断し、当日(2020年3月1日)は、寸劇部分のリハーサルを主催関係者のみの無観客披露をして記念撮影を致しました。

ここでの出演メンバーを基にして、現在の『北条氏照武者隊』いう名のPR隊を結成しました。
未だコロナ禍の最中にて、従来のような演出や集客手段が取れない状況ですが、今後も様々な表現を模索しつつ、希望を捨てずに活動を続けて参ります。
今暫くの籠城戦、がんばります!

『たきやま学園』第16話「自主練習」


滝山城築城500年事業で結成された『北条氏照武者隊』。
『滝山城』や『北条氏照』の歴史と魅力を伝え続ける使命を帯び、マジメな即戦力としての隊員養成教育が進んでおり、滝山城跡PVも大好評!

しかし、せっかくの#滝山500 本番年に、国の緊急事態宣言が更に延長中!
己を律し、民衆厳護のため自粛休校中の『たきやま学園』。
在校生たちは、授業再開の日までマジメに自主練習に励んでいるのであった。

(『関東五枚胴』形式の甲冑は、北条氏照武者隊の基本制服です。)

『たきやま学園』第16話「自主練習」
↓↓↓

https://youtu.be/Nna2cmHr5fM

 

制作:滝山観光まちおこし実行委員会
出演:武者所(北条氏照武者隊)

PR隊員候補、続々研修中(公式H.P.更新2/23)

昨年末に公開した『八王子の歴史を伝える滝山城跡』PV
↓↓↓

https://youtu.be/E0wTUbUUv9Q

こちらでPR武者たちが実際に駆け抜けたロケを企画する際に参考にした資料の一つが、この城跡ではお馴染みの『滝山城 城攻めマップ』です。
地図を見ながらどんなルートを選択するか、リモートの画面越しで実施した絵コンテ打ち合わせでしたが、まさに軍議のようでした。

城跡内の各所に配置されてある「遺構説明板」と「ARアプリポイントの設置場所」も網羅されてあり、わかりやすい「中世城郭用語解説」も付いていて、資料としても読み物としても重宝しております。(隊員意見)

市内の様々な場所にて冊子を配布中ですが、各種パンフレットと同様、PDFファイルをダウンロードする事ができます。

滝山城築城500年記念事業公式H.P.
https://hachioji-takiyama-500th.com/
→滝山城を「見る」のページからご覧下さい。

『たきやま学園』第15話「憧れの武者隊♪」

滝山城築城500年事業で結成された『北条氏照武者隊』。
『滝山城』や『北条氏照』の歴史と魅力を伝え続ける使命を帯び、マジメな即戦力としての隊員養成教育が進んでおり、滝山城跡PVも大好評!
将来有望な新規入学希望者が後を絶たない人気ぶりである。

しかし、せっかくの#滝山500 本番年に、国の緊急事態宣言が更に延長!

己を律し、民衆厳護のため休校中の学園。
(※面接は事前予約制です)

『たきやま学園』第15話「憧れの武者隊♪」
↓↓↓
https://youtu.be/hrizqbRqhw0

制作:滝山観光まちおこし実行委員会
出演:武者所(北条氏照武者隊)

(コロナ終息したら)行こうよ、八王子(公式H.P.更新2/16)

未だ継続中のコロナ禍に伴う緊急事態宣言期間中につき、この移動や外出さえ難しい状況は変わらず、積極的に「行こうよ!」とは言えない世の中なのが残念です。

しかし、コロナが終息する時への希望を繋げる素敵なフリー情報誌があります。

その名も、『“何度も行きたくなる わくわくタウン” 行こうよ、八王子』!

昨年、市内の各大学生たちの取材協力にて、八王子観光コンベンション協会さんが発行した、英語併記でフルカラーのオシャレなガイドブックです。
市内各所のオススメ観光地やお土産、アクセス方法なども解りやすく書いてあり、もちろん我らが滝山城跡についても「全国有数の中世城郭。サクラやヤマツツジが美しい」スポットとして掲載されております!

とても読みやすい内容なので、我々PR隊員も愛読しております。
市内の様々な場所にて冊子を配布中ですが、各種パンフレットと同様、PDFファイルをダウンロードする事ができます。

滝山城築城500年記念事業公式H.P.
https://hachioji-takiyama-500th.com/
→滝山城を「見る」のページからご覧下さい。

『たきやま学園』第14話「しばらくお待ち下さい」

滝山城築城500年事業で結成された『北条氏照武者隊』。
『滝山城』や『北条氏照』の歴史と魅力を伝え続ける使命を帯び、マジメな即戦力としての隊員養成教育が進んでいる。

しかし、#滝山500の本番年を迎えたというのに、国の緊急事態宣言を鑑み自粛休校中の「たきやま学園」。
今回は、新年一発目に好評だった「書き初め」の成果をご覧頂き…しばらくお待ち下さい(笑)
…何だかんだで、いつもよりボリュームアップしていたりしますが。

『たきやま学園』第14話「しばらくお待ち下さい」
↓↓↓
https://youtu.be/HnDPZmeang4

制作:滝山観光まちおこし実行委員会
出演:武者所(北条氏照武者隊)
音楽:武者所しおん(史音)